1日の中で乳酸菌を摂る理想の

1日の中で乳酸菌を摂る理想の時間ですが、決められたものがあるわけではないのです。

目安の量と回数は商品パッケージを見れば、それを基準にして下さい。
まとまった量を一度で取り込むよりかは、決まった回数に分けた方が身体に取り込むことを考えると効果を実感できます。
腸内の環境を整えておくと肌が美しくなると聞いて、ヨーグルトをたっぷり食べていた私ですが、実のところは、ヨーグルトと同様に味噌や納豆といったものまで乳酸菌を含む食品だそうです。

「乳」という文字があることから、てっきり乳酸菌は乳製品からしか摂れないと思い込んでいました。心なしかちょっと恥ずかしい思いです。

ちょっと前に、インフルエンザにかかってしまって内科を受診しました。

潜伏期間はどのくらいなのかはっきりしませんが、いつかインフルエンザにかかっている人と接触してうつったのだろうと考えています。
3日間発熱し続け辛い思いをしました。インフルエンザは高い熱が出続けるので、通常の風邪より辛いですね。
乳酸菌とビフィズス菌は乳酸を作るという点では同じなのですが、ビフィズス菌にはそのことに加え、とにかく酢酸という菌をやっつける成分も作り出す力があるのだそうです。
だから、ノロウィルス対策に効果的と言われているのでしょう。
このごろは、あちらこちらで、色々な感染症についての話を聞くので、とにかく積極的に摂るといいと思います。

屁の臭いに悩んでいる方は乳酸菌をとるといいのではないでしょうか。屁による臭いの元は悪玉菌にあるとのことです。

なので、腸内の中の善玉菌を増やし、悪玉菌が増えるのを防ぐ役割をする、乳酸菌を摂り続けることにより臭いを和らげることができます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ