私がなぜ便秘になったかというと、運

私がなぜ便秘になったかというと、運動不足のせいなのでしょう。毎日の通勤手段も車なので、歩いたり、運動したりもあまりありません。犬でもいれば違うのでしょうがいないので、散歩にも行きません。

そういう生活習慣のせいで、私は便秘になったのだと思うのです。

でも便秘を少しでも軽くするため、ウォーキングを今日から始めることにしました。私はとても頑固な便秘に苦労していたのですが、最近は少しずつ改善されてきています。効果があった対策は、とにかく、ヨーグルトを食べるという対策でした。友人がこの方法で、便秘を解消したという話を聞いて、私も真似してみようとヨーグルトを買いこんでとにかく食べることにしました。

この対策を実施しているうちに、おなかの調子がよくなってきて、ひどい便秘になることもなくなりました。乳酸菌とビフィズス菌は乳酸を作るという点では共通ですが、ビフィズス菌にはそのことに加え、とにかく酢酸という菌をやっつける成分も作る働きがあるのだそうです。

ノロウィルスの対策に良いとされているのですね。最近では、様々な感染症の話を聞くので、とにかく積極的に摂るといいと思います。
乳酸菌を必要以上に多く摂取しても副作用を心配することはありません。ただそうではありますが、いくら体に良くてもヨーグルト等で過剰摂取すると、カロリーオーバーとなる可能性もあります。体内に吸収できる分量にも限りがあるわけで、そう考えても、常識的な量を守っておくと安全でしょう。

インフルエンザは風邪とは違うものと聞きます。その症状は1日から5日ほどの潜伏期間をのあと、急激な高熱となって、3日から7日は最低それが続きます。

種類によって、筋肉や関節の痛み、腹痛や下痢等症状が微妙に違います。時として、肺炎を併発したり、その上脳炎や心不全を起こす場合もあり、甘くは見ることはできない感染症です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ